庭の維持管理のコツ

庭を維持管理することは、長年にわたる作業となります。

庭の維持管理のコツ

庭を維持管理することは、長年にわたる作業となります…

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 39歳 男性の場合
庭を維持管理することは、長年にわたる作業となります。
しかし、毎日、根を詰めて管理しては疲れますし、少しの間でも管理を怠ると、あっという間に無残な景観となってしまいます。そこで、長きにわたって庭を維持管理するコツを考えてみました。

まず、1週間の中で、庭に問題がないかを検査する曜日を決めます。毎日検査をすることは非常に疲れますし、かといって一ヶ月に1度の検査では、何らかの問題を発見した時には手遅れと、いう事態にもなりかねません。そこで、手頃な検査の間隔として、1週間に1日だけ検査をする時期を設けるのです。
特にご主人などの休日が良いでしょう。家族揃って庭の検査をするとことは、家族のコミュニケーション手段としても良いと思います。
そして、検査をする場合には、漫然と検査をするのではなく、「木々の病気・害虫は大丈夫か」「剪定する必要があるか」「除草の必要があるか」の3つのポイントを中心に検査します。ポイントを決めて検査をすることは、ただあてもなく検査をするよりも、何らかの問題を発見する精度が高くなります。また、上記の3つのポイントに限って検査する理由は、庭を維持管理するために必要な条件を満たしているからです。
このようにポイントをしぼって検査することにより、具体的な問題に対処しやすくもなります。
もし、検査をした時に何らかの問題を発見した場合は、その日のうちに対処することが大切です。
その時にやらなければ面倒くさくなってしまい、おそらくは1週間や2週間はあっという間に過ぎてしまい、問題を悪化させかねません。もしくは、問題自体を忘れてしまって、結果的に最悪の事態になるとも限りません。特に「病気・害虫」は、即対処をしないと被害が拡大します。そうならないためにも、問題を発見したら即対処をすることが必要です。

庭というものは、大げさに言えばそこに住む人の一生にかかわるものです。
なので、飽きなく末永く庭を維持管理するためのコツは、無理の無い検査時期として1週間に1日という間隔を定め、検査するポイントを3つにしぼり、問題を発見した場合は即処理をするという習慣化が大事になってくるのです。
そうすれば、庭の維持管理はスムーズにいくでしょう。

Copyright (C)2021庭の維持管理のコツ.All rights reserved.