庭の維持管理のコツ

どんなに小さい庭でも、植物が育っていくのを見るのは大きな喜びを与えてくれるものです。

庭の維持管理のコツ

どんなに小さい庭でも…

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 35歳 女性の場合
どんなに小さい庭でも、植物が育っていくのを見るのは大きな喜びを与えてくれるものです。

しかし、何もしないで放っておくとあっという間に雑草が入り込んできてしまいます。庭を持つということは、庭の維持管理もしなければならないということなのです。

とにかく何もしたくない、手間をかける時間がないという場合は、植物の数を減らし、土の表面積を減らすことが早道になります。土や植物の代わりに、美しい砂利やオブジェを置くのもよいでしょう。作り方次第では、個性がありながらも、風や自然を感じられる維持管理の楽な庭を実現することができます。
やはり、庭に緑がたくさん欲しいという場合は、多少の手入れが必要になってきます。それでも、樹種の選定時に工夫をすると随分違ってきます。例えば、地面を芝で覆うのはとてもきれいですが、定期的に芝刈りをしたり、雑草を抜いたりする手間がかかるため、タマリュウやシバザクラなど、もっと手間のかからないグラウンドカバーを選ぶという方法もあります。
イメージに沿って庭を作るのは楽しいものですが、選択肢に少し柔軟性を持たせるだけで、維持管理がぐっと楽になるかもしれません。

Copyright (C)2021庭の維持管理のコツ.All rights reserved.