庭の維持管理のコツ

自宅の庭に対して、何らかの維持管理費をかけている方は、きっと平均より裕福なお宅なのかなと思います。

庭の維持管理のコツ

自宅の庭に対して…

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 43歳 男性の場合
自宅の庭に対して、何らかの維持管理費をかけている方は、きっと平均より裕福なお宅なのかなと思います。
アメリカですと、庭の芝刈にお金をかけている場面を見たこともありますが、日本では庭木や敷き砂利そして芝生など、出来るだけ手間のかからないようにする事が、お金を掛けず管理するためのコツが下地になると思います。
例えば、砂利ですが、見た目ばかりでなく、不審者が庭に入り込んだ時に音を立ててくれるから、それが防犯効果を生み出している事があります。その為に砂利を敷くお宅も多いと思いますが、長年使っているうちに砂利が土に埋まってしまったり、車の出入りで飛び散って少なくなってしまったり、或いは、砂利の間から雑草が生えて草取りが面倒などという問題も、普通に思い付きます。
それならば、敷き砂利を採用する時に、上記のような問題が起こらないような手当て、工夫をしておくべきです。
ハニカム構造の砂利ズレ防止材は、日本の物は結構高いけど、海外から自分で取り寄せれば、きっと半額以下で取り寄せられるかと思います。いわゆるプラスチック製のものですが、セルごとに砂利が埋め込まれた状態になるから砂利はズレないし、底にはジオテキスタイルという透水性の皮膜が付いていて、雑草が生えてくるのも防止できる優れものがあるのです。
勿論、砂利に足を取られるような事も防げるから、砂利敷きの庭が手入れ要らずになる上に、歩きやすくも自転車での歩行もしやすくなります。
世の便利グッズを上手く活用すれば、庭の管理はかなり手間要らずに、経費削減も同時に出来ると思います。

Copyright (C)2021庭の維持管理のコツ.All rights reserved.