庭の維持管理のコツ

うちにも狭いながら駐車場と庭があります。

庭の維持管理のコツ

うちにも狭いながら駐車場と庭があります…

このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 49歳 男性の場合
うちにも狭いながら駐車場と庭があります。
中古住宅を取得した際は、駐車場は単なる砂利敷きで、通路部分に花壇がありました。
その通路は小さな玉砂利が敷かれていまいた。駐車場部分は、ハンドルを回すところがいつも一定なので、だんだん砂利が横に弾かれて、地の土部分が露出してきます。雨が降るとタイヤに泥が付いて、見た目も最悪でした。

そこで、自分でハンドルを切る箇所にコンクリを打ちました。
全体をコンクリ打ちする手もあったのですが、費用がかかるということで、部分コンクリ打ちにしました。
結果、砂利とコンクリ部分がうまく調和しております。また、通路部分も排水が悪かったので、雨が降ると水たまりとぬかるみが出現していたので、ここもコンクリ打ちに変更しました。
すると、不要な雑草も繁茂することなく、快適です。

1坪のほどの花壇には、前の住人の方が植えた木もありましたが、居住開始時にユーカリとポプラを植えました。
小さな木だったのですが、数年を経てかなり成長してしまい、2〜3ヶ月に1回は高枝切りで上に伸びた枝を伐採しております。好きな木ではあったのですが、成長の速い樹木を植えるのは、後の管理が大変だと思った次第です。

Copyright (C)2021庭の維持管理のコツ.All rights reserved.